食物アレルギーOKのレストラン探し - ハラル対応
Pick Up オススメ情報

海外のアレルギーへの認識と現状

アメリカでは全人口の1%(約300万人)が(ナッツ)ピーナッツアレルギーを持っているそうです。
人種により若干の差はありますが、年々何らかの食物アレルギーを持った子供が増えています。

1.牛乳
2.卵
3.小麦
4.ナッツ類(ピーナッツ)
5.魚
6.穀類(シリアル)
7.貝類
8.米
9.ゴマ
10.肉類

日本では数年前からアレルギー物質の原材料表示が義務化されていますが、海外で義務化している国はほとんどありません。
また、フランスのブルターニュ地方ではガレットというクレープがありますがそば粉を使ったクレープなので見た目で判断せず、アレルギーカードなどを使いましょう。

海外レストラン検索
アレルゲン物質の語訳表
各国の加工食品表示義務について


各国での食物アレルギー対応情報

アメリカ 多くのチェーン店でアレルギー対応、もしくは原材料表記をしています。
ハワイ 多くのチェーン店でアレルギー対応、もしくは原材料表記をしています。
またコンドミニアムも多いので自炊と外食を適度に使い分けられます。
グアム 多くのチェーン店でアレルギー対応、もしくは原材料表記をしています。
またコンドミニアムも多いので安心して行ける場所です。
サイパン 多くのチェーン店でアレルギー対応、もしくは原材料表記をしています。
またコンドミニアムも多いので安心して行ける場所です。
シンガポール ベジタリアン向けのレストランも多いですがコンドミニアム等に宿泊されることをお勧めします。
フランス コンドミニアム(アパルトマン)で可能な限りの自炊がお勧めの国です。
子供連れで外食(特にディナー)の文化が無い為、レストランでは食物アレルギーの対応が難しいです。入店前にアレルギーカードなどで伝えてみてみて、除去してもらえない場合は他のお店を探そう。幸い日本食レストランも多いので細かい対応をしてくれるお店もあります。
イギリス (情報収集中)
ドイツ (情報収集中)
スペイン (情報収集中)
イタリア (情報収集中)
オーストラリア (情報収集中)
ニュージーランド (情報収集中)
中国 (情報収集中)
台湾 (情報収集中)
韓国 (情報収集中)



もって行くと便利なモノ


1位 さんるーむ アクセス:7708
2位 La Grlacerie(... アクセス:7256
3位 とんかつ和幸 アクセス:6757
4位 ステーキガスト アクセス:6174
5位 餃子の王将 アクセス:5829

一覧